≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■帰路

2018年6月の旅行記より。

さて、【どたばた☆女だらけのやじきた道中記】もいよいよ、ラスト。
朝、借りていたコテージを片付け、一路ロンドンへ!!

今日のスケジュールとしては、ロンドンに住むN子さんをNaokoさんの
最寄り駅近くまで、夕方のラッシュ前に電車に乗れるように送ること。
それ以外は未定でした。

まだ何もお宝をゲットしていなかったN子さんを始め、もう少しお買い物したい
気分があり、途中どこかに寄ろうということになりました。
大昔の記憶で、「たしかMarlboroughには大きなアンティークセンターや
アンティークショップがたくさんあった気がする・・・」という、私のあやふやな
情報(?)により、寄ってみました。
Marlboroughの町に近付くと、その手前には立派なカレッジ(?なのか、
パブリック・スクールなのか?)の門がありました。
「アナザー・カントリー」か「モーリス」かという、育ちのよさそうな坊ちゃまや
お嬢さまたちがわらわらと出入りしています。
(後で調べたら、[Marlborough College]という名門校だそうでございます)
ピッパ・ミドルトンも卒業生だってよ!( ゚ω゚)

町を貫く、長いハイストリートがメインストリート。
さて、どうする?
ネットで検索するも、アンティークショップは散見するようなんですが・・・。

どうも、私の記憶となんか違う・・・。(あれれれ?)

私が大昔に寄った時は、たしか一軒丸ごとアンティークセンターで。
ジョージアンの屋敷だったよーな?
検索すると、それは少し川の方へ下ったところが該当。
行ってみると、そこは閉鎖されていました・・・。ショック!
後で調べたら、Newburyへ移転したようです。

オーナーのGary Wilkinson曰く、
「Marlboroughは死んでる!地価の上昇は売り上げに見合わない!高すぎる!」
とのこと。なるほどね・・・。
そういえば、ここのハイストリートはイギリスで2番目に長いと言われるほど
なんですが、店はどこにでもあるチェーン店ばかりなりけり。。。

結果的に、ほとんど得られるものもなく。時間も迫ってきたので
お昼を取って、帰ろうということに。
めぼしいお店をチェックしながら、一番奥のカレッジ寄りのカフェに
入ることにしました。←野性の勘

私たちは奥の中庭に席を取りました。
庭は奥へ上がって伸びて行く感じで、ちょうど昼時すぎということもあってか
たくさんのお客が座っていました。
奥の、てっぺんには鬱蒼とした木が茂り、たくさんのカレッジの青年や少年が
奥へ上っていきます。
(後で覗きに行ったら、木で囲まれた秘密基地みたいなテラス席でした)

私たちの近くのカップルは女性が喫煙者で最悪ー(@@;
屋内禁煙が進むと、外席は喫煙被害をこうむりがち・・・。

181011.jpg

私はカツにしたのだっけ?
付け合わせの惣菜3種も、コーヒーも美味しかった。
美味しくてしゃれた飲食店があるのは、やはり都会(ここはロンドンから
1時間圏内)の証拠。トイレも広かったー!
全体的におPosh感漂う町、でした。

時は水曜の夕方前。
そろそろ道路も電車も混み出す直前。
のんびりした田舎を回ってきたせいか、都会のゴミゴミした感じに四苦八苦
してなんとか駅へ辿り着き、N子さんとはこちらでお別れです。

     さ、寂しい・・・!!(;_;)

旅慣れたN子さんはケースを引っ張り、さっそうと駅へ向かいます。
お疲れ様、今日はよく休んでねーっ!

残されたわたくしとNaokoさんは一路、Sushi子とRさんの待つおうちへ帰り
ますが・・・。この日は運悪く、いつもの道路が工事のためか閉鎖されており、
手動の(?)Naokoナビで細い道をうねうね帰ることに。
道路の細さ、慣れない迂回路という緊張感で、へとへとになりながら
通常の倍以上かかって、やっと帰還。

     帰ったどーっ! ←人様のお宅です(^^;

クールなSushi子とそのマスターR(こちらもクール)の顔を見て、
「ああー、(前半の)旅も終わったのだなぁ」と感慨ひとしお。

181011-2.jpg

黒い毛玉にしかみえませんけど、Shushiさまです。
ほわっほわですが、身は細いです。。。うちのなっつんの半分くらい

181011-8.jpg

シェフR(←1人何役?)がチキンの丸焼きを用意してくれました♪
まだ日もあるし、お庭でいただくことに。

181011-3.jpg

チキンもポテトもソースも美味しかった~!
暑かったのかしら、シャンディだ。
お店でいただくのよりよほどリッチじゃないですか?!

181011-7.jpg

振り向くと、Sushi子さまもいて。

181011-9.jpg

私の手から、おやつを。
むっしゃむっしゃ。

181011-4.jpg

この時はまだ6月の2週目ということで、まさかあれほどの高温と乾燥が
イギリスを席巻するとは・・・でしたねぇ。
思い起こせば、いつもより芝が乾燥気味でしたけど・・・。

181011-5.jpg

お隣との垣根の上(数センチしかないのに!)を敏捷にキャットウォーク
するSushiさま。

181011-6.jpg

そして、

         撮れば?

と言わんがばかりに、ポーズ!(^^;
それでいて、撮ろうとすると視線がフイっと・・・。わーん!!

スポンサーサイト

| UK_2018 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◇Frome 最後の晩餐

2018年6月の旅行記より。

さて、とうとうFrome最終日。
ということはつまり、我々の旅も大詰めを迎えようとしているところです。
明日の夕方には解散です。

昨日、夜ご飯難民であった我々。
ようやく、Naokoさんのお友達推薦のすてきなデリへ行けることに。
今、サイトを見たら、ぬわんと「閉業!」ですって・・・。

180910-55.jpg

うるわしのマダーム、ふたり。

180910-66.jpg

ちびんこ(私)も何か飲んでます。

私とNaokoさんはバーガー、

180910-8.jpg

Nobukoさんはステーキを!
キノコを少しいただきましたが、美味しかったです。

いやもう、いろいろお疲れ様でしたー!
あと半日しかないけど、気を引き締めて(?)いこー!

180910-7.jpg

こうして、Fromeの夜は更けていったのでした。

| UK_2018 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Avebury

2018年6月の旅行記より。

Lacockでお茶した後、今度は巨石を見に[Avebury]へと向かいます。

180910.jpg

巨石の真ん中を分断するように村があるのです。

180910-2.jpg

私がここを気に入っているのは、ぶらぶらと歩いて、石に触ることも寄りかかる
こともでき、当然、その権利は羊にも(?)ある、というところ。
同じ巨石でも、ストーンヘンジなどは今では触ることはおろか、近寄ることさえ
できません。
私が初めてイギリスに行ったとき(30年くらい前)は、触れましたけどね・・・。

そんなわけで、巨石が好きなそこのアナタ。
行くなら断然、Aveburyですよ!
しかもね、噂によるとストーンヘンジは20ポンド以上とるらしいですよ?!
近寄れないのに。
このAveburyは、なんとタダ!!無料ですよ!

180909-37.jpg

サークルの石はそうだなぁ、3~4mくらい?

180910-3.jpg

Nobuko嬢(約1.5m)と比べると、2倍以上はありますよね。

羊の落とし物と、ヒッピー(かなり居ます)にはお気を付けください。

| UK_2018 | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Lacock Abbey

2018年6月の旅行記より。

小さいおぢさんで興奮したまま、我々は[Lacock Abbey]へと参ります。
いやー、びっくりしたね、もう。

180909-3.jpg

有名なファサードを遠目に。

180909-4.jpg

てくてくと、庭を歩いて入口へと向かいます。

180909-5.jpg

このゲートを超えると、お屋敷の中になります。

180909-6.jpg

Lacockも、有名な観光地であり、駐車場には大型の観光バスで
やってくる国内やヨーロッパのツーリストもたくさんいました。
でもなぜか、そんなに混み混みな感じはありませんでした。

180909-8.jpg

そして、南部よりはやはり少し涼しいのか、薔薇などもまだ満開の手前と
言う感じでした。

180909-7.jpg

うーん、いい匂い!

180909-28.jpg

見学はここ、建物の一番古い部分、修道院時代の回廊から始まります。
Abbeyと言っても、ここは元々はPriory(小修道院)でした。しかも、Nunの。
修道院解散令の後、教会財産は貴族や有力者へと下げ渡されたり、
売られ、それを手に入れた有産階級は自分の屋敷の格を上げるため、
"Abbey"としたのでしょう。見栄っぱりめ。

ちなみにここで、「ハリー・ポッター」の撮影がされたそうです。
誰1人、その映画を見てない私たち・・・。(^^;

180909-10.jpg

ここは厨房。

180909-11.jpg

これは厨房の片隅の貯蔵庫の扉にあったもので、在庫管理表。
これで買い物リストを作成するのも簡単ですね!頭の良いシステム。

180909-12.jpg

ここは居間。
家族や友人などの肖像画が掛けられています。

180909-13.jpg

これは昔のピアノですね。
ペダルが2つしかないし。

180909-14.jpg

このお宅はたしか、市民戦争時代は国王派でした。
それだからか、Anthony van Dyckによる有名なCharles1世の上3人の子供の
肖像画のコピーがありました。
左が後のCharles2世、右が後のオラニエ公妃Mary Henrietta、そして
真ん中の女装の坊やが後のJames2世です。
ちなみに両端には"King Charles Spaniel"が鎮座。

180909-15.jpg

これは・・・誰の肖像画でしょう?
わかりませんが、「やっちゃったな」感が満載ですよね・・・。
恐らく、当時流行の最先端のファッションだったのでしょう。
せっかく高いお金を出して肖像画を描いてもらうのだ、よし、一番いい服を
着よう!!と思ったのでしょう。
しかし、それが裏目に出ちゃった感じ。
後で見ると、流行の真ん中の格好ってダサイ・・・。
ピンクだし。
まるで赤ちゃんのロンパースみたいで、正視に堪えないわ・・・。

180909-17.jpg

この右側の女性の髪型も、今見ると「オッペケペー」な感じ。
前髪の長さが・・・。

180909-18.jpg

こちらはそっくり母娘。
ちょっと、『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』風で怖い。

180909-16.jpg

さて、回廊の真ん中のこのオリエル・ウィンドウをご覧あれ。
William Henry Fox Talbotがカロタイプというカメラで初めて撮影することに
成功した窓です。
フランスの有名なDaguerreのダゲレオタイプによる撮影よりも早くに成功して
いたとか。

180909-19.jpg

ダイニング。

180909-20.jpg

このテーブルクロスは面白いですね。
実際にカトラリーなどを置くのではなく、絵で説明してある。
この日の晩餐会は1836年の8月、友人との会食の模様だそうです。

180909-21.jpg

Fox Talbotは名家に生まれ、ハーロー校からケンブリッジ大学へ進み、
数学や光学、考古学、語源学にも精通し、栄えあるRoyal Societyのメンバー
でもあり、保守系の政治家でもあり・・・多芸多才な人でした。

カロタイプの特許を取得した彼は、技術の使用者に高額の権料を徴収し、
非難が沸き起こったそうです。
それともいうのも、フランスのダゲールに対抗するためにも、タルボットは
多額の研究費用を必要としたからです。
最終的には、社会の声に負けて権料を低額にすることになるのですが・・・。

発明家もつらいものですね。

180909-22.jpg

内部見学の最後に、このグレート・ホールにやって来ます。

180909-23.jpg

天井にはゴシック・リバイバルなのか、貴族の紋章盾がデザインされ、

180909-24.jpg

窓には古いステンドグラスが。

180909-25.jpg

全体的に中身がお宝ざくざく!という感じではないのは、タルボットが
研究費をねん出するために相当な財産を投じたせいかもしれません。

180909-26.jpg

外へ出ると、空は今にも泣き出しそう。

180909-27.jpg

見学って、けっこう疲れますよね。

180909-29.jpg

古い建物には、古い煙突が乗っています。
これはかなり昔の煙突ですね~。ねじねじ、してます。

180909-31.jpg

さて、ボリュームのある朝食のせいでお腹はいっぱいですが、何か
喉が渇きました。
町をぶらぶらしつつ、お目当てのティールームを目指すと、

180909-33.jpg

    休み!Σ( ̄ロ ̄lll)

痛恨・・・!(月・火は休み!だそうです・・・)

仕方がないので、林望センセイ推薦の、[Sign of the Angel]へ。

180909-32.jpg

とても古くて格式のある旅籠です。(左の建物)

180909-35.jpg

コーヒーケーキをみんな、オーダー!

180909-34.jpg

かわいいバイト嬢に撮影してもらいました。
いえーい。

でも、やっぱり、ケーキはあっちの店の方が断然美味しかったナ・・・。(小声)

180909-30.jpg

おうちの中から観光客をウォッチングするわんこ。
この町で暮らしてたら、人間ウォッチング的には退屈しないかもね?

| UK_2018 | 01:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

■ちいさいおぢさん

2018年6月の旅行記より。

180909.jpg

Frome滞在2日目。
せっかく町中にいるのですから、朝はカフェでごはん!

180909-2.jpg

[The Garden Cafe]はベジタリアン・カフェ。
私は何かのパイとサラダ3品選べるプレートをオーダー。
手前のは醤油味で、やや塩気が強かったような。。。
そして、量が半端なく多かった~!!お腹いっぱい。

さて、この日は火曜日。
実は・・・。

そもそも、なぜFromeに宿を決めたかというと、ここは独立経営のショップが
多く、アンティークやブロカント、古着屋さん、雑貨屋さん、編み物屋さん、
カフェ、レストラン・・・と軒を並べる、いまやイギリスでは希少価値のある
町だからなのです。
当然、お買い物!!(^▽^)/・・・ですが。

ううう、たしか前回も、その前もそうだったけれど・・・。

     月曜、火曜は休みの店が多い町

であることを、すっかり失念しておりましたー!!
Nobukoさん、大激怒。笑 ごめんっ
わー。

というわけで、Fromeでのお買い物の綱は出発日水曜の午前中です。

今日は火曜だからね・・・。
か、観光に行こうか!!ということに。

一路、Lacockへ向かいます。

180909-3.jpg

この、中世からあまり変わらない町には[Lacock Abbey]があります。

私は何度も、Nobukoさんも以前にお母さまと駆け足で見学したことがある
そうですが、Naokoさんは未訪問とのことで、行ってみることにしました。

駐車場に車を停め、木立を抜けて博物館へと向かうと・・・。

           ・・・?!!?

今のなにっ?!何が横切ったのっ?!

180909-36.jpg

木の繁みから、反対側へ黒くて毛が生えていて、脚が見えない生き物?
が横切りました。
しかも、かなりのスピードで。
体長20cmくらい?

とにかく、これまで見たこともないような動き。
何なんだ一体?!

四十路の女3人。
あーでもない、こーでもないと大興奮。

結論。
・・・あれはきっと、

     小さいおぢさん」に違いない

きっぱり。

≫ Read More

| UK_2018 | 00:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。