≫ EDIT

◆Wallington Hall

2017年6月の旅行記より。

朝食後、我々はNational Trustの[Wallington Hall]へと向かいました。
こちらはNorthumberland州にありまして、イングランド北部です。
日本で言ったら、東北地方みたいな感じ?

170915.jpg

駐車場からまずはショップやチケット売り場のある一角へ。
あまりに木が鬱蒼としていて、緑陰は真っ暗。

170915-2.jpg

Palladian様式で追加建造された、時計塔。
この先に厩舎などがあります。

170915-3.jpg

正面にあるのが屋敷の裏側になります。

170915-4.jpg

この四角いコートヤードをぐるっと左に回り込むと、屋敷の入り口に
辿り着くのですが・・・。
この辺り、元使用人などのコテージがあって、その庭にはバードフィーダー。
ここにシジュウカラや雀、コマドリなどが大集合!
かわいい~!
バード・ウォッチャーの友人Mは激写しまくりです。笑
動きが早すぎて、私にはこれが精いっぱい。。。ピントが合わない。(涙)

170915-5.jpg

はい、ここが入口です。

ところで、このお屋敷について。
ここの地所には元々、[Old Fenwick House]という館が建っていました。
それを1688年にSir William Blackett(初代准男爵)が購入しました。
その同名の息子の代になって、古い屋敷を壊して新しく建造することに。
それが[Wallington Hall]になります。
この2代目准男爵には男子が一人しかおらず、残り5人は娘。
3代目の息子はJersey伯爵息女Barbara Villiersと結婚するも、世継ぎはなく。
3年後に彼が若くして亡くなった後には、私生児であり、唯一の子供である娘
Elizabethが残されます。

3代目の財産および爵位は妹の子である甥Sir Walter Calverleyへ行きますが、
これには特別な「条件」が付与されていました。

     「・・・私の死後、12か月以内に娘Elizabethと結婚し、
      紋章院に願い出て、苗字をCarverley-Blackettとすること」


大陸貴族と違い、イギリスでは冷遇される庶子の扱いとしてはこれは異例。
とにかく、このカップルからは女児一人だけが生き延びますが、その彼女も
17歳で早世してしまいます。
Sir Walterの時代に屋敷はイタリアの影響を受け、"Palladian"スタイルに
改築。

一方、Sir Walterには妹があり、彼女は第3代Nettlecombe准男爵である
Sir George Trevelyanと結婚します。
その孫、第5代准男爵Sir John TrevelyanはMaria Wilsonというお金持ちの
女相続人と結婚し、第6代准男爵Sir Walter Calverley Trevelyanを設けます。
この人物はOxford大学で高い教育を受け、地質学協会などでも代表を務め
自然や科学、アンティーク、農業にも造詣が深く、また政治的にもリベラルで
とてもすばらしい地主だったそうです。
2度結婚しましたが、子孫は得ず。

その後は甥であるSir Charles Edward Trevelyanへと屋敷は受け継がれます。

・・・だんだん、こんがらがって来ましたね?!(^^;
欧米人はね~、名前が厄介ですよね~。(似たり寄ったり同名だったり・・・)

170915-6.jpg

エントランスホールを抜けると、まずは[Dining Room]です。
ここにはたくさんの東洋および西洋の陶磁器が飾られていますが、
その多くは前述の第5代准男爵夫人Mariaの輿入れと共にもたらされました。

170915-7.jpg

日本の古陶や明や清時代の中国陶器のコレクション。

170915-8.jpg

左上の大皿の中央は「菊」ですよね?
有田、柿右衛門、古伊万里。
中国と日本のもの、似ているけれどやっぱり違いますね。
両国に共通の絵(植物とか龍とか)でも、雰囲気がちょっと違う。

170915-10.jpg

わかるかな?
龍の周りにはコウモリが。

170915-11.jpg

たぶん、中国のものです。
日本のそれとは色使いも雰囲気が違う気がする。

170915-9.jpg

コンソールの上の肖像画は、第5代准男爵の実妹Susanna(''Suky)。

170915-12.jpg

どことなく、やんちゃな顔立ち。
有名肖像画家のThomas Gainsborough作とされています・・・が。

Gainsboroughが描いた時にはつば広の帽子を被って描かれました。
その後、「帽子を被った肖像画なんて、ダサっ!」的な美術評論家の本が
出て、Reynoldsに頭部だけ描き直しを命じたものが現在目の前にあるもの
だそうです。

170915-13.jpg

この肖像画にはまだ曰くがあって、Reynoldsが描いた他の肖像画に
実にそっくり!完コピといっていいくらいの瓜二つなものがあります。
AがSukyの肖像画、BがCharlotte Walpole、そして一番右側は2つの
肖像画を重ねたもの。

いや、驚くほどの重なりっぷり。
Reynoldsともあろう者が。量産しちゃいけないわ。注文製作なんだからさ。

170915-14.jpg

これはTrevelyan家のフファミリークレスト(家紋みたいなもの)。
2本の腕がビザンチン金貨を掴んでる意匠。

長くなったので、次回へ続きます。

| UK_2017 | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

■Hexham近郊のグルメB&B(2)

2017年6月の旅行記より。

昨夜はベッドのスプリングが異様に柔らかく(イギリスではよくあること)、
腰痛持ちのMが一晩苦しんだ模様・・・。

まーともかく朝ご飯だ!!

170914.jpg

階下に降りると、居間兼ダイニングになっています。

170914-2.jpg

どこもかしこもこざっぱりしていて、相当なきれい好きと見ました・・・。

この宿は、50年プロフェッショナルなシェフをしてきたというJohnと、
その妻でころころしたPauline、老犬2匹のグルメB&Bです。
50年もシェフをしているということは、15でキャリアを始めたって65歳、
20で始めていたら70歳!!
痩身で、とてもそんなに高齢には見えません。
無口・・・というわけではないけれど、今回、同宿のアメリカ人がよく
しゃべる(笑)ので、比較すると口下手だったかしら。

170914-3.jpg

さて、これが我々のCooked mealでございます。
フルーツやらヨーグルトやらも供されてますが、アメリカ人との会話が忙しく
写真はこれだけ・・・。

うまく撮れてないけれど、わかりますかね、それぞれの食材が文句なく
美味しいのはもちろん、油の使い方、塩の振り方、盛り付け方、

       Perfect!!

でございました。
いやもう、バッチリ。

我々、今夜はディナーもお願いしております。
とぉっても、楽しみです。

ところで、昨日は夜遅くまで宿の夫妻とお話が弾んでいたアメリカ人の彼。
改めて、Johnから紹介されました。

Lyennさん。
これがまぁ、背が高くて、ハリソン・フォードっぽい、
60代半ばから70くらいのおぢさま。
声が低くてよく通る・・・聞けば、アメリカで長く企業内弁護士を
されていたそうです。

父親がイギリス出身の軍人で、第2次世界大戦後にアメリカに渡り結婚。
自分はアメリカで育ったものの、父親の母国への興味もあり、イギリスは
たびたび訪れているそうです。

しかもね、彼の名字がC__fieldという地名なのです。

あら奇遇。
私のお友達(Naoko嬢)、Hemel Hempstead近くの同じ名前の村に
住んでますよ!
というと、なんとそこが彼の父親の出身地なんですって。
びっくり!!

もちろん、すでに72年前の家などどこかもわからないけれど、彼もその
村を訪ねて歩いたことがあるそうです。

いや~、世の中いろいろ奇遇なことがありますね~。
この一連の話をNaoko嬢にメッセンジャーで伝えると、旦那さんのR氏より
「気を付けろ。ナンパに違いない。」というリアリストな反応が・・・。笑
おじ(い)さまなんで・・・。それはないですよっ!

で、今なぜ、こんな北部イングランドにいるかというと。
ローマ遺跡の発掘のボランティアに参加しているんですって。
昔から、先史時代やローマ時代に興味があり、引退後は発掘作業に
携わってみたいと参加を決めたそうです。

この辺りにはローマ遺跡、[Hadrians Wall]があります。
そこの調査発掘は今も続いていて、毎年夏の間、何か月も発掘作業が
行わているそうです。
長城は北海東岸ニューカッスル・アポン・タインから西のアイリッシュ海の
カーライルまでの118km。
発掘現場も移動するそうです。
この宿へ来るまではここから少し東側で、明日からはさらに西へ向けて
作業現場も移動するので、合わせて宿も変わっていくそうです。
すごいー。

夜の7時にいっしょにディナーを取るのを約して、それぞれの目的地へ
出発です。

いやぁ・・・。
アメリカ英語は聞き取りやすいわぁ。笑

| UK_2017 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

■Hexham近郊のグルメB&B

2017年6月の旅行記より。

さて、本日から2泊の予定の宿へ向かいます。

170822.jpg

とても狭いナローロードの先にその宿はありました。
幹線道路からはすぐなんですけどね。。。
入り口がとても狭い道なんです。
私たちの部屋は建物正面2階の切妻屋根の真下、ツインルームです。

170822-2.jpg

こざっぱりしていて、

170822-3.jpg

きれいはきれいなのですが、いかんせん、昨日までが広々とした
一軒まるごとだったので、Mは「せ、せま~~い!!」と半泣き。
ま、これが普通のB&Bサイズなんですけどね。

170822-4.jpg

シャワーとトイレ、洗面台。
たしかに狭いです。

170822-5.jpg

窓を開けると景色は最高。
この他に、泊り客用のラウンジもあるんですよ。
使わなかったけれど。

他にダブルがもう一室あって、そちらにはアメリカ人のおぢさまが
泊まってるそうです。

私たちはこの日はお菓子をかじって夕食は食べに出ませんでした。
疲れたので早めに休みたかったのです。
代わる代わるお風呂に入り、洗濯し、日記を書いて就寝。

          眠れず!!(--;

というのも、我々の部屋の真下がリビングダイニングで、泊り客の
アメリカ人が夕食をサーブされている模様。
その話声が2階へ響く響く響く!!

夜10時半くらいまで、話し声が止みませんでした・・・・・・・。ぐったり。

我々も、翌日の夜はここで夕食をお願いしています。
たぶん、このアメリカ人も同席でしょう。
ど、どうなる?!(@@;

続きはまた後日。笑

付記) こちらのベッド。
     欧米ではよくある、ふっかふか~のやわらかマットレス。
     これが、腰痛持ちのMには地獄の苦しみらしく・・・。
     それもあってか、最初の宿を恋しがってました。笑

| UK_2017 | 00:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Hexham Abbey

2017年6月の旅行記より。

[The Dalemain House & Gardens]を見学した後は、いったん湖水地方を
離れ、東へと移動。

その昔のEngland北部の要衝の地、HexhamはNorthumberland州にある
市場町です。

170821.jpg

左手に見えるのは市が立ったところ。
現在もこの駐車場の場所で、定期的に市が立っているようです。

そして奥に見えるのが、[Hexham Abbey]。
674年、聖Wilfridが創建したとされる男子修道院を元にして、11世紀頃に
今日見られる建物が増築されたようです。

170821-5.jpg

恐らく、聖Wilfridの時代は小さな修道院だったのでしょう。
そこを基礎に、近くのローマ遺跡(もちろん、Hadrian's Wall!)から
建築資材を調達(・・・)してきました。

170821-6.jpg

どこかで見たような、彫刻よねぇ・・・。

170821-7.jpg

このヘタウマさ、

170821-8.jpg

この土俗的な彫り物、

170821-9.jpg

おぢさん、竪琴弾いてますな・・・。

170821-10.jpg

なんだろ、動物が鳥を連れてる?

170821-11.jpg

これなんかさ、ひどいよね。
跪いた人の上に柱が乗ってるのよ!!(--;

170821-2.jpg

柱頭の飾り、ちょっと宇宙人っぽい。

170821-3.jpg

ケルト人?

170821-4.jpg

この辺りはロマネスクから中世っぽいですね。。。服にボタン付いてるし。

170821-21.jpg

聖歌隊席前のシーリングと19世紀のパイプオルガン。

170821-22.jpg

板絵は色鮮やかな聖人の絵。

170821-13.jpg

素朴な画風。

170821-14.jpg

薄暗くてなかなか写真にとりにくいのが残念・・・!

170821-25.jpg

この石でできた椅子は[The Frith Stool]と言って、674年に聖Wilfridが
置いたものなんですって。
伝統的に、教会はasylum(避難所)でした。
この椅子は政治的、私的公的を問わず、逃れてきた人に平安と保護を
もたらすものとされたそうです。

170821-15.jpg

ここはシーリングのアーチの下。
真ん中は洗礼中のキリスト?

170821-24.jpg

アーチのところには「受胎告知」。

170821-23.jpg

反対側はなんだろう、聖母マリアと聖アンナかな。

170821-12.jpg

主祭壇。

170821-20.jpg

午後の光が、お堂の中に降り注いで神秘的な雰囲気。

170821-16.jpg

これもバプテスマ中のキリスト、かな。
拷問道具だの、磔にされる十字架だの、物騒なものが背後に・・・。

170821-34.jpg

これはケルティック・クロス。

170821-35.jpg

だがしかーし。
冒涜的(?)なことに、740年に亡くなったHexhamの司教Accaの墓碑に
転用されています・・・。

170821-17.jpg

入口近くの石碑。

170821-18.jpg

これはローマの碑、ですよね?
蛮族っぽい人間が足蹴にされてますけどーーーっ?!

説明によると、

  「ここに横たわるは非常に敬愛された故人、
   カンディデュス軍の旗手にして、ペトリアナの騎馬軍団騎士、
   7年間従事し、25歳であったフラヴィニスの思い出に」

とあります。
軍隊の旗持ちともなれば、部隊の先陣切って走り抜けたことでしょう。
勇ましいけど、25歳で亡くなるとはね。
ちなみに石碑は1世紀のもの(なんと、1900年も昔の!)だそうです。

170821-19.jpg

中世の騎士の墓石。
盾に花の紋が付いてますね。日本の家紋みたい。。。
お名前は、Sir Gilbert de Umfreville(1245-1307)さん。
この近くの[Prudhoe Castle]を建てたアングロ・ノルマン貴族の一員だそうです。

170821-36.jpg

こちらも中世(14世紀)の騎士。
Thomas of Tyndaleさんだそうです。

170821-26.jpg

墓碑。
これまた思い切り、メメント・モリな・・・。

てっぺんにある、"H.S.E"とはラテン語"hic situs est"つまり、"Here lies"。

   「ここに眠るは
   苦労多き商人、1725年5月に69歳でこの世を去ったGuillaumus Johnson」

とあります。

170821-27.jpg

がいこっつん。
商人にしてはかなり立派な墓碑。
大商人だったのでしょうねぇ。

その下に謎の続きが。

  「ロンドン、オックスフォード通り189番地に居住する、
  James Douglasの娘、Elizabethもここに眠る。
  彼女は1861年11月8日にHexhamで死す。
  享年28歳。ここへ埋葬す。」

意味が分かりません。
上のおっさんと縁戚関係にあったんでしょうか?
郷里に帰省中?、ここで亡くなったから埋葬されたのかな?
普通、普段通っている教区教会へ埋葬されるのでは・・・??
ロンドンまで運べなかった・・・のかなぁ。
謎が謎を呼ぶ、墓碑です。

※ちょっと調べてみました。
 上の墓碑のG.JohnsonさんはElizabethの母方の3代前の祖父ですって。
 母方はHexhamに住んでいた一族で、彼女はロンドンの商人と結婚。
 1男2女に恵まれます。
 男児は夭折、娘二人は10代からHexhamに移り、そこで教師になります。
 長女は結婚、次女Elizabethは若くして病死した模様。
 
170821-28.jpg

ステンドグラス、この辺のは新しいかな・・・。

170821-29.jpg

これもケルトの石柱のようです。

170821-30.jpg

[A Curious Hieroglyphic Bible]。
1784年にロンドンで、Thomas Hodgsonによって出版された聖書です。
Thomas Bewickという有名な彫刻師がいます。
彼はここからそう遠くはない、[Cherryburn]という家に生まれました。
(ここは現在、ナショナルトラスト所有になってます)
彼は"A History of British Birds"(1797)という、イギリス人ならみんなが
知ってるような本を出した人です。
その弟がこの本の作者なんですって。

170821-31.jpg

この辺はヴィクトリア時代に増築された部分。
石が真新しいの、わかりますか?

170821-32.jpg

洗礼盤。

実はこの辺りに、サクソン時代に遡るという[Cript](地下礼拝堂)へと
続く入り口があります。

170821-33.jpg

こんな感じ。
ここは鍵がかけられていて、興味がある人は受付で開錠をお願いします。
私たちもお願いして開けてもらいました。

170821-37.jpg

ここは19世紀になってから、たまたま発見されたんですって。
そのせいかどうか。
ものすごく、古びた、黴臭いような、懐かしいような匂いがします・・・。

そう、どこかで嗅いだことある匂い。
子供の頃、私たちの遊び場であった空き地の片隅にあった崖に掘られた
「防空壕」の中と似てる。淀んだような、湿った空気。

170821-38.jpg

聖Wilfridの時代のものかはわかりませんが、ここが小さなお堂だった頃に
できたものではないでしょうか。

170821-39.jpg

ところどころに飾りのある石や、床石なんかもあって、たぶんこれは
ローマ遺跡から分捕ってきたものではないかなぁ。。。

ひんやりする地下から、地上へと舞い戻ります。

鍵を開錠してくれた大聖堂スタッフの女性にお礼を言って、施錠して
もらって。
あなたたち、日本人?と聞かれ、そうだと答えると彼女の息子さんが
日本へ英語教師で赴任したことがあると。
自分も息子を尋ねて、ついでに広島や京都を回ったそうです。
京都もいいけど、奈良がいいというこの女性とは気が合いそう。笑

私たちが以前訪れたKilpeckの教会の土俗的なガーゴイルとこちらの
彫刻の類似性なども話し、聖歌隊席の「死者の踊り」なども見せて
いただきました。

よく、海外で「日本人ですか?」と聞かれることがあります。
そう聞いてくる人はたいてい、日本に家族が行っていた、あるいは
ご自身が訪れたことがあるという人で、日本に対していい思い出なり
イメージがあるからこそ、声かけしてくれるのだと思います。

私たちがこうして、海外で親切に恵まれるのは見ず知らずの日本人が
彼らに親切にしたおかげと思っています。
こういう善なるもの、自分も今後、回していきたいですよね。

大聖堂を出た後は、「死者の町ブルージュ」のごとき、ひと気のまったくない
Hexhamの町を歩きました。
小さいけれど、アーティスト系のお店や、個人経営の店などが軒を連ねて
なかなか面白そうです。

その辺は後日、また楽しむとして。
いざ、本日から泊まる新しい宿へ向かいましょう!

| UK_2017 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆Dalemain(2)

2017年6月の旅行記より。

[The Dalemain House & Gardens]の続き、お庭編。

170809.jpg

瀟洒なジョージアン・ハウスの中のお宝見学会を済ませた我々は、
小雨と風の吹き荒れる中、本日のメイン・イベントでもあるお庭見学へ
参ります。

170809-2.jpg

まずは建物の南側に面した[Terrace border]。

170809-3.jpg

この辺は強い風も吹きつけますし、乾燥するらしい。
(TVで女主人、Janeさんが言ってました)

170809-4.jpg

なので、乾燥に強い植物を植えているそうです。

170809-5.jpg

天気がイマイチなのが惜しいわー。

170809-6.jpg

渋い色味のジャーマン・アイリス。
銀葉と一緒だとよけに引き立ちますね。

170809-7.jpg

この奥はメイズになってます。

170809-59.jpg

斑入りの葉っぱもきれい。

170809-8.jpg

紫と黄色。
日本でだと派手すぎるけれど、ここは北の大地。
これくらいのビビッドさがないとやりきれない。

170809-9.jpg

テラスからの眺め。
手前には黄色のジャイアント・スカビオサ、丘には羊が点在し、奥は
靄でかすんで幽玄・・・。

170809-10.jpg

こちらは[Knot garden]です。

170809-11.jpg

この一角はハーブガーデンになっていて、

170809-12.jpg

とてもロマンティック。

170809-13.jpg

キャットニップの植え込みには猫の、

170809-14.jpg

リス草の植え込みにはリスのネームボード。
かわいい!
私たちは会えませんでしたが、この庭には今や絶滅危惧種の赤リスが
棲息してるらしいですよ。運が良ければ会えるかも?!

170809-15.jpg

イチイのノット・ガーデンの後ろの大木はギリシャモミ。

170809-16.jpg

何年か前、木の一部は枯れ落ちたそうですが、なんとか再生しています。

170809-17.jpg

この根の辺りの植え込みはJaneさんがされているそう。
木の根に植物を植えるのはなかなか大胆な・・・。

170809-18.jpg

アイリス系の花。

170809-19.jpg

[Apple walk]。
リンゴと薔薇、クレマチスなどのボーダーです。

170809-20.jpg

なかなか面白い柄です。
なんだろう、これ。

170809-21.jpg

控えめで、それでいて一つの統一されたセンスを感じさせる庭。

170809-22.jpg

・・・いいわ、好きだわ。このお庭。

170809-23.jpg

なんて長いボーダーでしょう。

170809-24.jpg

紅薔薇も美しい。

170809-25.jpg

ポロンとしたトピアリー。

170809-26.jpg

シダやホスタなど、葉が美しい一角。

170809-27.jpg

どこにでもある紫色のゲラニウム。それが奥床しい。

170809-28.jpg

デルフィニウム。

170809-29.jpg

雨のせいか、お庭は貸し切り状態でございます。笑

170809-30.jpg

このかわいい薔薇!
庭の主のJaneさんにぴったりな感じです。

170809-31.jpg

突き当りから、これまで来た道を振り返って。
長い・・・!

170809-32.jpg

藤は終わってました。何色の藤なのかなー?
この先は[Stump garden]です。
少し行ってみましたが、森林道みたいな感じ。

170809-33.jpg

ピンクのゲラニウムとルピナス。

170809-34.jpg

アストランティア。

170809-35.jpg

ボーダーの脇の芝庭。

170809-36.jpg

芍薬。

170809-37.jpg

ころんころん、トピアリー。

170809-38.jpg

ここで雨脚が激しくなったので、木の下ですこし待ちました・・・。
カメラが濡れちゃう!!

170809-39.jpg

おっ。
これは噂の、ヒマラヤン・ポピーでは?!

170809-40.jpg

さて、川沿いの[Wild garden]へ降りましょう。

170809-41.jpg

     お、お、お~~っ!!

こ、これは!!
ヒマラヤン・ポピーの群生です!

170809-42.jpg

普通のヒマラヤン・ポピーは青色一色なんですが、こちらのは紫と青の
混じったような、まるで熱帯魚のネオンテトラのような蛍光カラー。

170809-43.jpg

丈は1mくらいでしょうか。

170809-44.jpg

真ん中は青くて、端っこに紫が混じるようですね。

170809-45.jpg

すごーい!

170809-46.jpg

ヒマラヤン・ポピーの新種、その名もずばり、[Dalemain]です。

170809-47.jpg

ちょうど満開の時期に来られて感無量。
(参考までに。撮影は2017/6/11)

170809-48.jpg

藻でいっぱいですけど、ここは池。

170809-49.jpg

上の庭と下の庭の間の斜面に設けられていたのは、歴代ペットのお墓。

170809-50.jpg

   "忠実なるJOCK 1942-56"

170809-51.jpg

   "最愛のポニー Dalemain Nettle 1968-1989"

などなど・・・。
犬、猫、馬。
これまで屋敷で大切にされた四足たちの、最後の住処。

170809-52.jpg

そして、イギリス人の大好きな(?)、グンネラです。
M(162cm)と比べてこの大きさ!!
寒さに弱い植物なので、冬にはきっと毛布を被ることになると思います。。。

170809-53.jpg

そばを流れる川は、小さいながらもかなり水量もあり、流れも速い。

170809-54.jpg

この川が何年か前に氾濫して、先ほどのポピーの辺りまで水浸しに
なったそうです。
ポピーももはやこれまでか、と諦めたJaneさん。
しかし、川は養分を土に運んだようで、翌年ポピーは見事に再生したそうです。

170809-55.jpg

こ、これは[The Lost Gardens of Heligan]のパクリ・・・?!

170809-56.jpg

うむ・・・。ま、なんでもありよね。もともと個人の庭なんだし。笑

170809-57.jpg

さて、問題です。
このトピアリーはいったい、何を表しているでしょうか?

170809-58.jpg

私は「」だと思ったんです!!(実線参照)
Mにも偉そうにそう主張しました。←その自信はどこから・・・。
ところが・・・。

なんとこれ、公式にはドラゴンらしいんです。
ドラゴン?!(@@;
見えへんがな、どう見ても猫やろーーーっ?!

・・・というわけで、私の中では「猫」です。ハイ。

170809-60.jpg

庭巡りも終わり。
帰る頃に陽が射してきましたよぅ・・・・。(;_;)

売店でマーマレードを試食しまくりました。←マーマレード・フェスティヴァルで有名なので
マーマレードって奥深いのねぇ。

| UK_2017 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT